買取型のフラット35はまだある?

フラット35は、そのなかでさらにいくつかの形に分類されており、そのひとつとして買取型というプランがあります。
この買取型のフラット35とは、実行した住宅ローンの権利を住宅金融支援機構が買い取るというもので、買い取った権利を投資家などに販売して資金を調達する、という流れによって成り立っています。
金利はこの買取型のフラット35のほうが安い場合も多いのですが、借り換えローンとしての利用が不可であるという点や、購入額の9割以内までの融資となるなどのデメリットもあります。
またサービスの自由度が比較的低いという点にも注意が必要です。
もちろん利用する方の状況次第で、メリットやデメリットも異なってきますが、保証型などとの比較をじゅうぶんに行ったうえで、自分にとってメリットの多いものを選ぶようにしましょう。