洗顔石鹸派の言い分とは

昔からあった石鹸が一番!いつもお風呂場に、洗面所にあったもの・・・それが石鹸のと出会いでした。
そんな石鹸派の方のお話を伺いました。
『生まれた時から石鹸でした。
家には固形の石鹸があって、新しい石鹸を箱から出すときはわくわくしたものです。
手のひらで石鹸を泡立てている最中に石鹸が飛び出してしまうのが面白くて・・・石鹸しかなかったといえばそれまでですが、石鹸に慣れてしまうと石鹸なしではいられなくなってしまって・・・。
顔から身体まで洗える万能選手の石鹸は、地球にも優しいので、親からもこのまま石鹸でと言われてきました。
泡立ちはあまりよくないときもあるので、そのときはぬるま湯でよく湿らせて泡立てるようにしたり、泡立てネットを使ったりしています。
昔は洗うと肌がつっぱることが多かった石鹸も、今では洗うとしっとりするタイプの石鹸が出てきて、はちみつや、フルーツなどが配合された石鹸など、色々な種類を選ぶ楽しみが増えました。
最近はお茶の成分が入った石鹸が人気なので早速使ってみたり、量り売りをしている石鹸もあるので、自分にご褒美したいときはちょっと高めの石鹸を買って使ったりしています。
何回か洗顔フォームも使ったことがありますが、どうも洗い上がりが石鹸と違い、ベタつく感じが苦手で、また石鹸に戻してしまいました。
出産後、肌が敏感になってしまい、いつも使っている石鹸が合わなくなって困った時に、無添加の低刺激性石鹸を試してみました。
この石鹸は肌に合い、生まれてきた赤ちゃんと一緒に使えました。
普通は大人が使うものを赤ちゃんには使えない場合が多いのですが、母子が同じものを使えるのも石鹸ならではないかと思います。
石鹸派と言われるくらい石鹸が好きなのが高じて、自分好みの石鹸が欲しくなったので、今では自宅で石鹸を手作りするまでになりました。
苛性ソーダと精製水とオイルを揃えて、好みのエッセンスや石鹸に入れたいものを混ぜて思い思いの石鹸作りにハマっています。
取り扱いに注意して自宅用として作るのならと思っていましたが、ついつい作りすぎてしまったりしたものを人にお分けしたりすると、意外に喜ばれているので作り楽しみも倍になりましたよ。
ただ人にお渡しする時は、お肌に使わず、洗剤石鹸としての使用を明記してお分けしています。
ミルクやココアやチョコレートなどを入れた石鹸を作っているときは部屋中が甘い香りに包まれます。
子どもたちにも人気のこの石鹸、匂いに負けて食べないようによく言い聞かせました。
石鹸は溶けやすいから苦手という人でもこの石鹸を手にすると、次の石鹸はなにかなと楽しみになると言います。
自分の肌に使う石鹸を自分で作る。
石鹸を乾燥するのに適した秋~冬が石鹸づくりのシーズン。
毎年の恒例となりました。