自分の顔に似合うメガネってどうやって探したらいい?

「濃い顔」と言われて思い浮かぶ芸能人は、北村一輝さんや阿部寛さんが思い浮かびます。
目鼻立ちがくっきりしていて、顔に影が落ちやすいのを「濃い」と表現するという説もあります。
つまり「西洋人っぽい顔」ってことですかね~。
そんな顔立ちの人は、日本人には難しいと言われる「ウエリントンタイプ」や「ボストンタイプ」のフレームにチャレンジしてみると良いと思います。
典型的な日本人の薄い顔の人がかけると「フレームが歩いている」みたいで顔がフレームに負けてしまいますが、濃い顔の人ならフレームの存在感に負けない掘りの深さがあるので、好結果が期待できます。
上手くフィッティングさせるコツは、フレームの角がちょうど顔に収まるサイズを選ぶことです。
PC用メガネ効果